毎回何かと理由を付けて買い替えていたんですが
もうこの辺になるとなんで買い替えたか忘れた。

Pentax初の一眼デジカメPentax ist*D

ファインダーがとにかく見やすい思い通りにコントロールができる
マニアなりにこれは一番撮りやすいカメラだったなぁと記憶しています。



撮ってて楽しい、撮る気になるというのは画素数や連射速度よりも大事な性能。

カメラの修理屋時代に感じた事ですがカメラ、というのは趣味の対象で
生活必需品ではないけど人間のその「時」を記録して人生を豊かにする機械。

ただきれいに写れば良いだけではなく撮っていて「気持ちのよい」
のも大事な性能の一つ

数多くのカメラを分解、操作していると設計、作った人たちの考え方が
少しこちらに伝わってくる

ほんとうに、撮る人が長く使えるようにメンテナンスの考えられたカメラもあるし

写真を撮らない人がつくったんじゃない?というものもある
値段の高い安いは関係なしに。

このカメラの問題は初参入だけあってか今イチ色がよくなかったことと
不自然な発色をすることが多かった。

写真のとうがらし庭の畑に成ったもの赤色がが不自然に浮いてます。