あきはばら

2018/03/10

日記何書くべかなぁとネタ探しに色々とネット巡回してたら大分懐かしい画像を見つけました。

f:id:okaji:20130614010128j:plain

これ、ネットから拾ってきたんですけど、2002年の写真だそうで、今から10年以上前の秋葉原駅前ですよ。今のUDX辺りからガンダムカフェに向かって撮った写真かな。ヨドバシAkibaも無いし、UDXからの歩道橋も、秋葉原ダイビルも無くってとても空が広く感じますね。

この頃の秋葉原はPCのジャンク品やらガチで怪しいものが沢山あって、ジャンク品を見ながら「これ何に使うんだろう?」と悩んでみたり、ガチで怪しいものを見ながら「これ、いいんかな?売ってて」って思ったりしながら、楽しめる、そんな街でした。

今じゃ、そこら中にコスプレしたメイドさんやらJKやらがいてチラシを配ってたり、アニメ関連のものが沢山売られるようになってしまって、すっかり日本のサブカルチャーを代表する街の一つになってしまったわけです。

その時々によって、街の持つ役割が変わっていくのは自然な事だと思うので、秋葉原は秋葉原らしさを持って変わっていけばいいと思うので、この先10年後とかどういう街になっているかが楽しみだったりもします。。

ただ、懐古厨なおっさんは、今の秋葉原よりも、wktkしながらようわからんパーツ見つつ、ソフマップでは中国語のHELLO,SOFMAP WORLD(ソフマップの歌)で洗脳されそうになりながら、色んな店を回ってたこの時代の頃の秋葉原が好きな事に代わりは無いですけどね。

では。